すずきですが。のブログ

家族や仕事や趣味などを。

Instagramの広告機能を使ってみた

f:id:suzukidesuga:20210305064504p:plain

日本における3大SNSといえばLINE・TwitterInstagramの3つ。
その他にYouTubeTikTokといった動画配信に特化したメディアに分かれますよね。

ひと昔前までは活躍するスターに憧れてテレビに熱狂し、その後、ブログが大流行したのは確か15年ほど前。
あの頃はGoogleもたくさんの情報を仕入れる時期でしたので、たくさんのブロガーさん達がこぞって記事を掲載し、そしてまたGoogleもそれを受け入れてきました。

今はそれが厳しい目で審査し、需要の無い情報は排除しようという流れになってきています。
僕のアドセンス不合格もこれが一つの明確な理由となっています(いいから開き直ってないで頑張れって言われそうですが)w
また、インターネットを規制法が整備されたことによって、より厳しい目で見られるようになりました。

時代はマスメディアからソーシャルメディア

スマホが普及し、マスメディアからソーシャルメディアへと時代は移り変わり、一般の人たちでさえSNS上で活躍できる時代に変わりました。

また、ビジネスではEメールを、友人や恋人、家族との連絡はキャリアメールを使用するのが当たり前だったのが、FacebookやLINEへと移り変わりました。

Twitterはたくさんの方達に拡散されるいわゆる「バズる」ことで一躍有名になったり、さらに、そのバズった状況になると宣伝ができるシステムになっています。
要は誰にでも一躍有名になれるチャンスがあるのです。

Instagramは宣伝広告料を支払うことで、よりたくさんのアカウントにリーチすることができ、自分のプロフィールや運営サイトによりアクセスを集めることができるツールとなっています。
もちろんTwitterにも同様の機能があるのですが、写真を使ってより視覚に訴えた広告を利用したい場合にはInstagramに軍配が上がるのではないでしょうか。

また最近ではnoteで、例えば釣りに関して言えば、「真冬でもバスを釣る方法を教えます!」といった、自身の知恵やノウハウを販売する人たちを目にしたことはないでしょうか? 

 

何が言いたいのかというと、今紹介した内容は現在のSNS情勢におけるほんの一部であり、これほどまでに情報を検索することが多様化しているということです。

また、そのキーとなっているのがSNSであるということにも注目してください。
そして誰もが所有しているスマホで全てが完結してしまうのです。

え、テレビが家に無い…? 

しばらく前になりますが「若者のテレビ離れが深刻」といったニュースをテレビで何気なく見ていました。
そもそもテレビが家に無い!なんて家庭がそれなりにあるということにも驚かされます。

これもスマホが普及し、ニュースや、芸能人のチェックなどをはじめとした情報収集を全てGoogleなどの検索エンジンSNSで完結する人たちが増えた所以でしょう。

今や「SNS検索」が当たり前 

さてここで、一般の人たちがニュースやトレンドをインターネット上で検索する割合について聞いてみます。
一体どれくらいの割合でこれを利用していると思いますか?

 

多い検索ワードではInstagramで80%以上、検索エンジンで約60%(複数回答可)とSNS検索エンジンを上回る結果も出ています。
これは少し前のデータなので現在はさらに比率がSNS寄りになっていることが伺えます。

ここがポイント!
Googleなどの検索エンジンを使用するWeb検索=「ググる時代からSNSハッシュタグを検索するSNS検索=「タグる」時代へ移り変わっている。
SNSで検索してある程度の情報を絞ってから検索エンジンを使用する方も多い。
 
実際に僕もブログの運営を始めてから思うことがあります。
それは、Googleなどの検索エンジンからブログに足を運んでいただく方よりも、SNSから来ていただける方の方が圧倒的に多いことです。
実際にInstagramでプロフェッショナルダッシュボードを確認すると、リーチ数がダントツに高いことが分かります。

正直がっかりするほど差がありますw

 

ブログの運営開始から間も無いということもあって、SEO対策もほとんど行っておらず、まずはブログを書くことに慣れるために好きな記事をとにかく書いていこう!というスタンスで今は運営しています。
少しでも見ていただける方がいらっしゃるという事実が僕のブログ活動のエネルギーになっていることは言うまでもありません。
本当に感謝しています!

これからもし、Googleから来ていただける方が増えた場合にはどうなるかは今は知る由ありませんが、今はあまり考えないようにしています。
「集客がぁぁ」なんて考えるあまりに何も書けなくなってしまったら本末転倒ですから。
それに楽しく無いですしw

 

これは別に珍しいものでも何でもなくて、今や誰もが行っている手法なのですが、実は僕がTwitterInstagramを始めたきっかけはブログを少しでもたくさんの人たちに知ってもらおうと思ったからでした。

それまではSNSをこういった形で使おうと思ったことすらありませんでした。
Twitterを通じて知り合ったブロガーさんもたくさんいらっしゃいますし、励ましのお言葉をいただける方もいらっしゃいます。

Instagramの広告機能を使ってみました

少し前からInstagramの広告機能使ってみたいなと思っていたので、昨日から使ってます。
フォローされていない方にも僕が投稿した白州の写真が表示されると思いますが、どうぞよろしくお願いしますw

まずはビジネスアカウントに切り替える

ビジネスアカウントと聞くと難しい気がしてしまいますが、身構える必要は全くありません。
簡単なプロフィールの設定をすれば誰でも利用することができます。
5分もあれば完了します。
また、後から変更もできるのでここはサッといってしまいましょう!

ビジネスアカウントに切り替えるとできること!
・リーチ(アクセス)したアカウント数の確認
・コンテンツのインタラクション(いいねの数やコメント数)の確認
広告
・ブランドコンテンツの承認
・ショップを開く
・返信テンプレートを設定 

今回はこの【広告】機能を使ってみた 

ビジネスアカウントに切り替えると、最近投稿した写真の中から、 よりリーチ数の多かったものを宣伝しましょうと案内を促してくれます。
このここから先の設定も難しいことはないので、サクサク進められると思います。

設定完了までの手順
①広告の目的の設定
「プロフィールのアクセス増」「ウェブサイトへのアクセス増」「メッセージ件数の増加」のいずれかから選ぶ。ウェブサイトのアクセス増を狙う人はまずはウェブサイトのリンクを設定するところから始めましょう。
②オーディエンスの選択
基本的にはフォロワーに類似した人を自動で選んでくれるのでそのままでいいと思いますが、カスタムオーディエンスを設定することで【地域、興味・関心、年齢】といった細かなターゲットの設定ができます。
③予算と掲載期間の設定
予算は一日あたり¥200〜¥100,000、期間は1日〜30日間から選ぶことができます。
掲載期間によって、良いより結果を得るための予算を案内してくれるので、これを参考に金額を設定すれば良いでしょう。
④支払い方法の設定
各種デビットカード・クレジットカードのほか、PayPalが使用できます。

ちなみに僕は、①「プロフィールのアクセス増」②自動③7日間、1日あたり¥800で設定してみました。

広告の効果は

広告スタートから2日が経過して感じていることをお話しします。
昨日だけで3,000を超えるリーチ数で、そのうちプロフィールへの流入が300弱ですので、概ね金額に見合ったアカウント数がリーチしてくれているなといった印象です。

ショップオープン時や新商品の発売、もちろんブログ運営など、Instagramを使った広告はこれ以上無い宣伝効果なのでは無いでしょうか。

ここがポイント!
必要なのは写真と多少の費用だけ!
雑誌や新聞などの広告のように、広告代理店に広告を依頼する手間が無く、設定まで5分もあればできちゃいます。
僕のように自分を、または自分のお店を知ってもらいたい!そんな人には是非オススメしたいツールです。

最後に

僕の場合ほとんどがウイスキーかランニングの投稿ばかりですが、最近のウイスキーへの注目度の高さが伺えます。

今どれだけの人が何に注目しているのかを簡単に知ることができるのはやっぱりSNSの強みだと思いますね。

このブログでもそのうちご紹介させていただければと思ってますので、よろしくお願いします!

 

今日はApple Musicであいみょん【桜が降る夜は】を聴きながら書いてきました。
明るい曲調ながらも大切な人を想う寂しさが聞いていて心地良い。
春の訪れが待ち遠しくなる、そんな曲です。
みなさんもぜひ聞いてみてくださいね!

www.apple.com

それでは今日も良い一日を♪
最後までお付き合いいただきありがとうございました。